ホウレンソウの使い方・活かし方

こんにちは。建設業専門の下請け脱却請負人の山口です

最近、この「ホウレンソウ」が大切ですよ!とか聞かなくなった感じがします。

そんなことないとおもいますが、どうでしょうか?

このホウレンソウは、会社の「仕組みづくり」でとても重要なキーワードであることは間違いありません。

ただ、まちがってつかっている人も結構いるので、今回は:

報告・連絡・相談

には、必ず5W2Hが入っていないといけないということ。

もっとも一番これを覚えてほしいのは、社長です。

社長は、船長・キャプテンです。航海上のあらゆる情報を得て目的地に到着しなくてはなりません。

そこにこの5W2Hがないと総合的判断ができないからです。想像してみてください。

もし、社長が5W2Hを覚えて

部下がそのホウレンソウで5W2Hの1・2つ足りなかった時!

見積りの案件「報告」を受けた時:

「それは、どこの現場でいくらの案件なんだ?」とか(当たり前ですが)

クレームや事故の「連絡」があった時:

「それは誰が、いつやったんだ」とか

仕事の提案を「相談」された時:

「それはどのようにやりたいんだ」とか

これらが無意識に出ると、部下もそれを答えないと社長から突っ込まれるからちゃんと5W2Hで伝えよう

と働いて、全員が行動するベクトルが一緒になっていくんです。

まずは、社長さんが5W2Hをマスターしてみては。

変化することまちがいなし。

建設工事会社も1つまちがえれば危険なお仕事です。

であれば、ホウレンソウのコミュニケーションの重要性を振り返り

社内にその「仕組み」をつくる必要があります。

そのためには、社長自らホウレンソウが部下にできていないと話になりません。

また、最近ではSNSなどのコミュニケーションツールの進化とともにとても便利になっていますが、

くれぐれも秩序あるルールを決めてやることも必要です。

ある会社では社内でFBを取り入れたはいいけど、「いいね」をめぐって問題が発生した。

そんな(笑える?笑えない??)話もあります。

 

こんなあるある事例をメルマガでも配信しています。是非登録してみてください。

メルマガではさらに深堀した具体的な内容を配信中です。!!

メルマガの登録はこちら(「問い合わせ」をクリック)

今すぐ相談したい!はこちら☏:050-3177-8707
毎月開催の講座情報はこちら