さらば下請け!「経営改革」を日本の歴史から学ぶ

こんにちは!建設・専門工事・製造・ガテン系事業の経営サポートに特化した下請け脱却「請負人」の山口です。

 

建設業界もいまは、M&Aが当たり前の時代となりました。

はたして、それでいいいのでしょうか?先代のDNAを引継ぎながら、誇りにできる「技術力」が

あるにも関わらず・・・・悲しいですよね!

と言うのが私の考えです。

そこで今回は、企業の後継問題で悩ましい組織などの「改革」について、

後継者である2代目社長は、時にはじっくりと、日本の歴史から現代の経営について

学びとることの「気づき」を私の好きな書籍「小説上杉鷹山」をご紹介したいと思います。

 

当時の米沢藩を引き継いだ上杉治憲(後の鷹山公)は、改革の際に

「3つの壁」にぶち当たっていました。

  1. 制度の壁     企業で言う、職場組織、規程、納税など
  2. 物理的な壁   企業で言う、商圏、立地、環境(地場)など
  3. 意識の壁     企業で言う、ビジョンを明確にその心構えなど

 

中でも、③の意識の壁を特に壊さなければならない。

この意識つまり社員の心・モチベーションの問題の壁を叩き壊すには、

 

  1. 情報は全て共有する        ☛「仕組み化・見える化」
  2. 職場での討議を活発にする  ☛「有効な会議術」
  3. 合意を尊重する            ☛「ホウレンソウの徹底」「褒める」
  4. 現場を重視する            ☛「脱穴熊経営」
  5. 城中に愛と信頼の念を回復  ☛「全社一丸、協力体制」

鷹山は、これらをもとに藩の改革の具体案を告げ、さらにその改革は

「何のために」行うのか、その

「ビジョン」(目標:ゴール)をはっきりと示していきました。

 

特に、この意識の問題については、リーダーが一番大事にしていること、「理念」

をもとに、その考え方に賛同できない人は、採用しないこと。

また、そのような人がいたら、やめてもらうこと。

 

全ては藩の将来像を明確にして、様々な問題を解決して行くために

全体会議や、村民の意見を取り入れるべく現地視察など、上杉鷹山は、強靭な忍耐と

時に厳しい処分など、果敢でブレない姿勢でもって当時20歳前後とは思えないほどのリーダーシップ

を発揮していきました。

 

このような、ノンフィクション物語を参考に今の経営に置き換えて

生かしてみてはいかがでしょう。

 

 

この「経営改革」のエッセンス・・・DVDを特別キャペーンでもってプレゼントをしたいと思います。

詳しい告知は、もうまもなく!こうご期待!!

待ちきれない方はお問い合わせください! ☞   https://motoukekouji.com/dvdpresent