下請工事の利益率で悩んでいるが、その解決に取り組めない理由

こんにちは、あるときは経営企画のプロ、またあるときは建設業専門の下請け脱却請負人の山口です。

さてこの取り組めない理由の回答は、

「解決できるが忙しい」「解決がわからない」「解決しなくてもやっていける」

などいろんな回答があるでしょう。

しかし結局のところ「回答」はどれも不正解です。

そもそも「利益」に悩みながら事業を行っていること自体に問題があるんです。

それは、「工事名を商品化」をしていないからです。

みなさんは、その電気工事・水道工事の作業を社員に任せていれば別ですが、

社長自ら現場で作業をやっているのであれば、それは「商品化」されていない証拠。

早くそこから脱却しなければ「利益」の問題を解決できせん。

ただ、この問題、つまり、「商品化」への対策と解決は、ちょっとやることがあります。

それは、社長一人では難儀です。

しいて言えば、社員の協力があれば、またさらには第三者の協力も必要な場合があります。

つまり何がいいたいかというと、

この「商品化」をやれば、現場がシステマティックになり仕組が生まれます。

するとどうなるか、適正利益を出そうと考えて、原価などの管理の必要性を認識ができるようになり、

見積の作成もスピード化されます。

よって、自動的にいい「利益率」で会社が運転できるこになります。

ところが、この問題を解決しないで、いつも後回しにする人は、「元請けが欲しい」とだけの口先で

行動が伴わない残念な人になってしまいます。

するとどうなるか、社員は挙句の果てに離れていってしまいます。

儲けて、社員に還元して会社全体をステップアップさせていきましょう。

 

実行に移すかはあなた次第です。

 

この「商品化サポートは当社にお任せください。

こんなあるある事例をメルマガでも配信しています。是非登録してみてください。

メルマガではさらに深堀した具体的な内容を配信中です。!!

メルマガの登録はこちら(「問合せ」をクリック)

今すぐ相談したい!は

こちら☏:050-3177-8707
毎月開催の講座情報はこちら