「辞める」と1回口にしたはやつは引き止めるな!

こんにちは、去るものは追うな!主義の

工事会社専門の下請け脱却「請負人」の山口です。

結論から言うと、一旦「辞める」と口にした以上、もうその人は会社に心在らずでからです。

さあ、みなさんはどうですか?賛否あるかもしれませんね。

じゃあ「辞める」と思う時って、その人の周りの環境や年齢などを想像してみてください。

もっとも、社内環境のどこかがカギとなり、下の自分自身の環境と照合するんだと思います。

なんせそういう私は30代で約10社も転職しているいので経験済です・・・(;^_^A

例えば

40歳前後~残りの人生を勝負する時

60歳前後~  同じ(体力的な考え)

または

家族環境に変化が起きたとき

生活環境で変化が起きた時

など人それぞれさまざまで、先ず会社に嫌気(社風悪化・将来性など)がさして、

これらを重ねて考えて決めるのが殆どでしょう。

つまり、最終的には自分の人生・プライベートな問題になりますね。

会社側にとってみれば、長年貢献してくれた。成果を上げてくれた。残念。

一方では、いつ辞めてくれるか待っていた~。ラッキーなどいろいろです。

でもその人が決めたことは、その人の人生の問題。

なぜ会社がそれらを左右できるのですか?

 

では、本題です。今の時代、それを聴いた経営者はどうするか

「今さ~、人不足だから勘弁だよ~」がほとんど。です。

確かに、気持はわかります。

しかし、そういう人を引き留めて、もっと給与あげるからちょっと考えなおしてくれよ~

と言って、ボーナス上げて、待遇をよくして、即バックられる・・・が落ちです。

こんなことやっていたら経営は長続きしません。

事の重大さを棚に上げて自ら、なぜ優秀有能な人間が辞めてしまうのかを考えず

目の前の仕事をこなすことにしか頭にない。(自分勝手も甚だしい)

先の経営を見ない(なんとかなるさのサラリーマン的で危機感がまったくない発想)

これこそが「魅力なのい会社」をつくりあげた、ちょう本人、社長です。

社長は、社員が、どうすれば、長く継続して働いてくれるかを常に考える。

であれば、その場限りの特別賃金みたいな「人参」を支給せず、普段の社員を思いやる

「目配り、気配りが」重要になってきます。

これができるかできないかが、成長する、しない企業との境界線です。

よって、今回は「やめる」といった人は注意です。まわりにも迷惑かけますから。

つまり「去る者は追うな!」です。

次回は、上の「なんとかなるさサラリーマン的発想」について。

 

こんなあるある事例をメルマガでも配信しています。

是非登録してみてください。

メルマガではさらに深堀した具体的な内容を配信中です。!!

メルマガの登録はこちら
毎月開催の講座情報はこちら