営業戦略が工事会社に必要な理由

集中プログラム

こんにちは、山口はるいちろう です

工事会社の営業戦略の必要性のイメージ図ができました~!

 

中小の建設・工事会社の殆どはマーケティングを実施していません。

技術力が高ければ繁盛するとお考えの社長も多くいますが、その施工技術を向上させながら

発展成長するための方法として、戦略なしの経営はとても生産性が劣るといえます。

 

マーケティングは、自社の現状からお客様の動向、ライバル会社などあらゆる調査・分析を出し

行動することで、無駄な労力やコストを最小限におさえ、つまり、むやみにホームページだ、チラシなどの

広告物に不必要なコストをかけることなく、効率的に儲かる方法「営業の仕組みづくり」なのです。

 

このマーケティングを取り入れることが、「下請け体質」から脱却する方法です!

 

これらを踏まえると、 工事会社がどの方向を狙うか、自社のビジネスプランを明確にすれば:

戦略のない経営は仕組みがなく「労働者型」の状態で経営を続けるか

戦略のある経営、労働に加担することなく上手く動く仕組みを用いた「企業型」の経営に切り替えるかの選択は

自ずとわかるはずです!