そのDM!読んでから捨ててください!

先日、弊社DMを見てお礼のメールをいただきました。

DMを見て感想をいただくのは殆どありません。

ほとんどはゴミ箱直行ですね!

 

読まれなくてもへこまずまずは作ってテストすること

でもマーケティングのノウハウは重要です(^_-)

 

今回はそのレアケースの内容をご紹介させていただきます。

ファインプロジェクト株式会社

代表取締役 山口 晴一郎 様

 

●●株式会社の代表の●●と申します。

本日弊社に郵送されましたお手紙を拝見しました。

 

通常、この手のDMは読まずに廃棄してしまうのですが、

絵、写真、見出しが無くて、インパクトがありましたので全文読ませて頂きました。

 

興味深い内容で失礼ながらお昼を頂きながら拝読しましたが、一段落活用を

させて頂きたい内容があり、お礼のメールを書かせて頂きました。

 

ただし、弊社は既に経営計画にそって動いていますので面談は、辞退させて頂きますので悪しからず

ご理解のほど宜しくお願い致します。

 

私が重要と思った文面は3つのポイントです。

・現状を把握して未来を語る。

・勘定(試算表)を読んで早く準備する。

・顧客の情報と同時に社員の感情にも目を向ける。

 

私も山口様のお考えに同感です。

これは私が今の会社で31年間、経営の中で常に

意識をしてきたことで、同じ考えの方がいらっしゃって

嬉しく思いメールをさせて頂きました。

 

と、同時に頂いた文面を眺めて「自分は実行をしてきたが、

次の世代の人たちが出来ていないこと」を改めて認識する

ことが出来ました。特に1番目の未来を語ることは、

会社内だけの教育ですぐに出来ることではないので、

ここが最も難関であるなあと実感しています。

 

何かの情報から名簿を得て偶然弊社にお手紙を頂いたもの

と思いますが、内容のあるお手紙を頂戴しありがとうございました。

 

突然に、メールにて失礼致しますが御礼申し上げます。

●●株式会社

代表▲▲

 

このようなことをいただくのは極まれですが、でも共感、反応してくれるのは

ターゲット層とその

コンセプトが一致しているからです。

 

つまり将来の見込み客となります。

そうなると、広告の戦術がやりやすくなっていきます。

 

DMやチラシは大切な販促ツールです。

 

工事会社にもこのようなDMやチラシをつくることで

意外と経営改善のヒントを身に着けることができます。

 

 

弊社事例豊富なあるある経営ヒントをお届けしています

 

メルマガ登録はこちらまで!