受付時間 9:30~18:00 (月〜金)
直接受注をどんどん増やす「儲かる仕組みの作り方」無料小冊子をプレゼント!詳しくはこちら

属人化を解消しないかぎり、下請けから脱却できない?!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

下請け工事会社が、創業3年ともなるとありがちな、売上こそは、そこそこ伸びてきたが、元請けさん毎に、工事・設計を担当制にしているため、社長が見えない所で、悪さを始める社員がいる。

挙句の果てには、横領まで働き社内はもう空中分解寸前。

こんな恐ろしい経験?まさか、まだこのような状態が続いて、毎日ストレスを抱えてはいないでしょうか?

社長が、現場に行けば行くほど、管理ができず、「早く現場は、社員に全て任せて、オレ(社長)は「経営」に専念したい!」

では、どうすれば、このような状態を解消、壊滅するにはどうすればいいか?

 

建設・専門工事・製造・ガテン系会社の経営サポートに特化した元請け体質®変革プロデューサーの山口はるいちろうです。

 

いわゆる「属人組織」からの脱却ですね。

といっても、いきなり、明日から属人化の組織体制をやめて、「見える化」の組織に変えます!

といっても、同じく、これも簡単には変わることはできません。(;^ω^)

 

しかし、もしこのような状態が、本当に今存在するのであれば、早急に現状をチェックして、早急にこの悪い腫瘍を取り除く「手術」をしないと本当に危ないです。

つまり、新しい会社組織を、もう一度作り直すしかないのです。

そのやり方が、実は「ビジョンメイク」と言われるものです。

 

その「ビジョンメイク」をわかりやすく伝授するために、新しい試みで組織づくりに成功したあるメーカー下請け設備工事会社を例にお話ししていきたいと思います。

 

そもそもなぜ、属人化が会社経営にとってNGなのか?

一般的にいうと、建設・建築業界は、「職人さん」と言われる、腕に技術をもつ方々で構成されているといってもいいでしょう。

また、建設業に限らず、飲食店などもそうです。

つまり、その技術が中心になって、競い合って、儲けているわけです。

そうなると、どうなるか、その技術が上にいけばいくほど、人は天狗になり、それを無償で、周りに、わざわざ公開しない現象がおこります。

つまり、自分のスキル上位を独占、維持しようとする働きがおきますね。・・

もちろん、これら全てが悪いことではないですが、会社経営ともなると、はじめはよくても、後々長続きしません。

長続きしないということは、会社は潰れてしまいます。

 

まず1つ目の諸悪は、人は天狗になると、どうしても自意識過剰になり、そこで成長がストップします。

会社経営の死活問題は、この成長が止まった社員が増えてしまうことです。

 

2つ目は、部下や新人に仕事を教えるということが、安売りしてしまうことになるという勘違い。

個人経営ならともかく、非雇用者という社員であることを忘れ、自分がこの会社の売上をつくっているんだ!

ぐらいに、なぜか自分の立場が、勝手に経営者である「社長」を追い越している状態に陥る勘違いです。

 

・・・?・・・・それって「あいつ」だよなあ・・・っと、など経験ありませんか?

 

このようなことが、属人化の組織であり、この状態のままだと、それこそ取り返しのつかない事にもなりかねません。

 

つまり、こういうことです:

「あなたの会社には、優れた技術はあっても、儲ける技術がない」

ということです。

 

儲かる技術とは「仕組み」のこと

属人化から、脱却する方法は、会社が利益を残していく「仕組み」を構築する必要があります。

 

では、「仕組み」とは?

何か当たり前のような、仕事の「やり方」みたいに考えられがちですが、ここが実は、大切なポイントです。

 

会社は、儲けたお金で、事業を成長・拡大していきます。

ならば、当然お金が残っていかなくてはいけません。

このお金が残る(儲かる)(利益を捻出する)「仕組み」のこと。

 

つまり、儲かるシステムをつくることなんです。

 

身近にある「牛丼屋」さんを思い出してください。

いつも決まった形のカウンターの席に座って、決まった形で接客して、オーダーして、決まった形でお会計する。

ハンバーガーショップも同じですね。

 

ある時、近くに、味は美味で、手ごろな値段で、店員さんは愛想がよくて、みたいな居酒屋ができたので、早速、常連になろうと思い、次に行ったら、なぜか、同じ店員さんだったんだけど、超感じ悪かった。

まあ、味がいいからと想い、また次に行ったら、開店時間になってもお店が閉まっていて、少したってオープンした(悪天候だった)。

今度は、味が薄かった・・・・・あ~、もうくるのやめた~。

こんな経験、ないでしょうか?

 

システムは、提供する方も、される方も、同じ形で稼働していないことには、儲かる「システム」とは言えません。

 

これが、儲かる=利益を捻出する「仕組み」です。

 

3回目でお客さんが離れていくのは、皮肉った言い方をすれば、儲からない「仕組み」です。

その店主にとっては、やっと人生で手に入れた自由なオーナー(経営者)という、自己満足にすぎないのです。

 

仕組みづくりに着手すべき方法の5ステップ

メーカー下請け設備工事会社の例です:

1.まず、現状の会社の内部、外部環境をチェックする

2.社内の風土を変える上で、どこを見直すか再考する

3.見直す場所を一旦、ガラポンする(就業規則など)

4.新しい会社の組織図とシステム図を描き、職務分掌を明確にする

5.可視化できるまで、この図で試運転する

 

この会社の社長は、実際に属人化で悩んでいましたが、やっとの思いで「仕組み」づくりの重要性が、腹に落ちて、現在は、社員を2名採用して、現場作業も減りはじめ、マネジメントができるようになっています。

現在は、事業再構築補助金の採択を受けて新計画に邁進中です。

 

ここだけの話ですが、実は3年かかりました。

 

どのように、「仕組み」をつくるかの、一番のポイントは、なんといっても:

社長の「新しい」ビジョンと「新しい」ことへの挑戦

しかありません。

一旦腐ったものを新たに創り変えるのは、なんといっても、経営者の「勇気」と「覚悟」が必要です!

これがあればできます。

 

古くさい属人化から脱却したいのであれば、今の悪い腫瘍(風土)を捨てて、新たに創る事です。

 

経営理念、ビジョンを再考再制作してみましょう!

特に、建設・建築業では、先代の「理念」を掲げたところもありますが、これを良ーく考えて、本当にいまの時代にあってるのか?古臭くないか?・・・・・はて、どう思いますか?

ファインプロジェクトは、まさに2代目後継者が、本気で会社を変革することを応援しています!!

経営をもっと、面白く、楽しんで、スマートに!をモットーとしています。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。