受付時間 9:30~18:00 (月〜金)
直接受注をどんどん増やす「儲かる仕組みの作り方」無料小冊子をプレゼント!詳しくはこちら

リフォーム相談からいきなり受注アップする方法!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ライバルには知られたくないリフォーム相談から施工まで

営業で発揮する、顧客を満足させるポイントがあります!
あなたは、ひょっとしたら、もったいない営業手法でやっていませんか?

今回は、工務店やリフォーム会社も、今まであまり関係性がないと思われがちな「サービス」についてを

会社の「営業」部門の強化として捉えてもらうために、あなたの会社の施工・サービスに顧客が満足を得るには、どういうところをいうのか?

わかりやすくレストランを例にとって、あなたのリフォーム店へ置き換えて考えてみましょう。

受注アップに導く「顧客の満足」とは

私は旅行が好きで、時間とお金があれば、なるべく海外に出かけたいと思っています。

中でも、ハワイ・グアムなどのリゾート地へ行って羽を伸ばすのがいいですよね。

アメリカ旅行では、現地の商慣行に時々戸惑うことがあります。

 

それは「チップ」です。

 

つまり、顧客がいつどこでどのように、喜びを覚えるか!感動するかのポイントを知る必要があります。

海外旅行では、今はご存知のとおり、ハワイなどの日本人観光客の多いところは、既にサービスチャージとして、代金に含まれている所がありますが、

少し前までは、それがなく、不慣れな私たち日本人は、たまに文句や、いやな顔をされたりして、せっかくの旅行で気分悪くした経験は、皆さんはないでしょうか?

日本にその習慣がないから、しかたがないかもしれません。

チップといっても、ベッドメイクなど、予め決まったマスト的なものではなく

ホテルのレストランなどで食事の時に、ウェイターやウェイトレスに対して、よくお世話してもらって感謝の意を表す時をイメージしてみて下さい。

食事のオーダーから会計まで大概、その係りが一貫してお世話をしてくれますね。

 

受注アップに繋がる「顧客が満足する」瞬間とは

では、あなたは、食後に、チップを手渡しするとしたら、食事が美味しかった他に、何が決め手となってチップを渡しますか?

実は、これこそが、「顧客が満足を得た」“ 瞬間 ”と言えます。

私の場合、レストランでのチップを上げたい時は、こういう時です。

 

・気配り、心配りができ、またいいタイミングでケアしてくれる

・迅速な対応で礼儀正しい作法

・頼みやすさ、特に屈託のない「笑顔」で接してくれる

 

あなたならどこですか?

人の価値観にもよりますので、一度リストアップしてみてはいかがでしょうか。

 

リフォーム会社でも建築の工事会社でも、私は、同じことだと確信しています。

施工技術は当然にあるはずです。  でも、それ以上、期待以上に!

 

「お客様のためになる仕事がしたい!」

「費用の面でもお客様が納得のいく気持ちに答えたい!」

「お客様のビフォーアフターで驚いて感謝されたい!」

 

工事の下請けからの脱却は:

本当にお客様の立場にたった現場仕事がしたい!

とういうのが「本音」ではないでしょうか?

 

リフォーム店にとって「顧客を呼び込む」ために必要なこと

ここで、王道な顧客満足度を決めるためのチェックする項目を紹介しながら、これらからのフォーム店はどうあるべきかの事例を踏まえながら、そのポイントをみていきます。

あなたの会社にないもの、当てはまっているもの、をチェックしてみてください。

「信頼性」:        正確さ、間違えないこと

☞ 施工に関してこれは当然ですが、請求事務や約束の時間など基本的なことが問われますね。

「迅速性」:        待たせない、タイムリーである

☞こちらも、「信頼性」と同様です。特に建設業界は、結構遅れて当然みたいな風潮がときどき見受けられますが・・・。大丈夫ですか?

「的確性」:        施工やアフターサービスへの知識、技能が十分である

☞特に、新人社員の教育などここに顕著に表れます。お客様にとっては、新人であろうがベテランであろうが知ったこっちゃ~ないですからね。

「アクセス」:      頼みやすさ、いつでも連絡可能である

☞会社全体の受け入れ体制とかを考えてほしい基本的なサービス、営業の手法です。

「態度」:           礼儀、気配り、感じの良さ

☞とても大切です。建設現場にゴミが散乱しているとか、整理整頓がないとか、職人さんのたばこマナーや言葉遣いなど

「コミュニケーション」:     顧客の言い分をきく、分かりやすい説明

☞設備内容や建築の専門用語などは、たとえ使ったとしても、お客様がなじめないようであれば、きちんと説明しましょう。

「信用度」:        担当者(事務が丁寧である)、会社が信用できる

「安全性」:        財産的安全性や秘密保持性など

「理解度」:        顧客のニーズを理解している。訴求ポイントを掴んでいる

☞「売り“たい”」施工やサービスと「売“れる”」施工やサービスは違うということ。あくまでもお客様目線で考えましょう。

「意外性」:        期待以上の唯一無二のものをもっている

☞お客様が感動する何か!これがあるとファンになってくれます。紹介してくれます。

 

まとめ

というわけで、ぜひ、顧客満足度を意識して、実際に、お客様から寸志「チップ」、お礼をもらえるような、品質やサービスの提供ができるようチャレンジしてみてください。

いかがでしょうか。意外と多くの満足ポイントがあったかと思います。

しかし、成功している、リフォーム店は、これらの項目を管理する、改良する仕組みを社内に取り入れているんです。すると、どうなるか?

実は、これらの満足度の知識は、受注アップのためだけでなく、あなたの社員教育、社員トレーニングという福利厚生を充実させて会社全体で盛り上げていく方法でもあることに気づくと思います。

是非、リフォーム店事業の改善計画にとりかかってみてはいかがでしょうか。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です